飲食店経営のポイントはコストダウンにあり!経費削減のための3つのヒント

おぼんを抱える男性

飲食店の経営者が頭を悩ませる大きな問題として「コスト削減」が挙げられます。
固定費や変動費の見直しなど、必要と分かっていながらも日々の業務をこなしながらのコスト削減対策を講じるのは容易ではありません。今回はそんな「固定費」や「変動費」にスポットを当て、それらに役立つクレジットカード決済を導入するメリットについてもご紹介します。

【固定費】削減できるポイントがないか探してみる

一般的に、飲食店経営の固定費は削減しづらいと考えられがちです。
しかし、実際には光熱費や備品、人件費などを見直すことで固定費を減らせる場合があります。代表的な固定費とその削減策について見てみましょう。

テナントの賃貸料

長期間にわたるテナント契約を理由に挙げ、オーナーに賃貸料の値下げ交渉をしてみるのも1つの手です。

人件費

アルバイトやパートのシフトの見直し、もしくは効率の良い人材を見極めるということも大切なことです。
シフトを組む際に、時間帯に応じた人数調整や柔軟に対応してくれる人材の確保などを徹底することで人件費削減を図ることができます。

小銭と小さい人形

光熱費の契約プラン

契約しているガスや電気のプランが、お店の規模に見合っているかを改めて見直してみましょう。電気会社やプランを見直すことで、経費削減につながるかもしれません。

【食材】仕入れ・廃棄など無駄がないか考えてみる

前述の固定費の他にも、飲食店経営には変動費がかかります。変動費の中でも特に大きな割合を占めているものが「食材」にかかる費用ではないでしょうか。
仕入れに対して廃棄する食材を減らすには、まずメニューの見直しをしてみましょう。多くのメニューを扱っている飲食店の場合、必要となる食材の数や種類も自然と多くなるものです。しかし、オーダーが偏ることによってメニューの販売数が落ちれば、その分の食材は無駄になってしまうからです。

そこで、なるべくメニュー間で共通する食材を中心に取り扱うことで、メニューの売れ行きによる食材のロスが少ない状態に近づけることができるようになります。限られたメニューのために食材を用意するよりも、共通食材をアレンジすることでメニューを増やすほうが食材にかかるコスト削減につながるのです。

「クレジットカード決済代行」でさらにコスト削減!

固定費や変動費の他、売上単価の向上も飲食店にとっては大きな問題となります。
店舗の収益に直結するため、いかに1人当たりの客単価のアップを狙うかが課題になります。それに対する解決策の1つが「クレジットカード決済」の導入です。
では、なぜクレジットカード決済の導入が売上単価アップにつながるのでしょうか。

お客さま側の決済方法が充実する

支払い方法を充実させることで、普段は現金を持たない方や給料日前といった方の層を狙うことができます。

インバウンド決済に対応

外国人旅行客

国際的ブランドのクレジットカード決済であれば、海外客も難なく決済を済ませることができるでしょう。そのため、飲食店でクレジットカード決済を導入できれば、海外観光客を狙ったインバウンド決済にも対応可能です。

クレジットカード決済には手続きや審査、端末の設置などの手間も生じます。しかし、決済代行を利用すれば、最小限のコストでクレジットカード決済を自店舗に導入することができるのです。

おわりに

飲食店の経営には、コスト削減が欠かすことができません。それには多くの見直しポイントがあります。長期的な取り組みが必要となるため、負担は決して小さくありません。しかし、クレジットカード決済を導入することで、客単価のアップを狙うことができるため、コスト削減を後押しすることができます。決済代行サービスを利用すれば煩雑な手続きをカットすることが可能です。コスト削減にお悩みの飲食店経営者の方は、ぜひ決済代行会社に相談してみてはいかがでしょうか。

飲食店におすすめの決済端末をチェック