エステ・ネイルサロン|クレジットカード決済の導入方法とメリット

ネイルサロンの様子

エステ・ネイルサロンでお客さまから施術代金を受け取るとき、どのようにお支払いいただいていますか?特に小規模サロンの場合は、現金決済を中心にしているケースが多いのではないでしょうか。現金決済しか受け付けていない場合は、クレジット決済を導入することでもしかしたら業務改善にもつながるかもしれません。
ここでは、エステ・ネイルサロンでのお支払い方法にクレジットカードを導入する方法や、そのメリットについてご紹介します。

エステ・ネイルサロンの決済方法

エステ・ネイルサロンで主に用いられる代金決済方法といえば、まず現金とクレジットカードの2種類が考えられます。しかし実際のところ「当店の規模ではクレジットカード決済の導入は手続きなどが難しそう」と考え、現金決済のみとしている店舗も少なくないでしょう。
しかし、クレジットカードがエステ・ネイルサロンで使えれば、以下のような利点が生まれます。

1.お客さま側のお支払い方法の選択肢が増える

お客さまにとって便利になるため、顧客満足度の向上にもつながります。

2.お店側のセールスにつながる

お客さまが手持ちの現金を気にせず利用できるため、サロン側でも追加のコースやオプションをすすめやすくなるでしょう。

上記のいずれも、売上アップや顧客の再来店に直接つながり得る大きなメリットです。
ただ、規模の小さなサロンでクレジットカード決済を導入するには、低くないハードルがあることも事実。「加盟店審査に通らなかった」と、クレジットカード決済導入を諦めてしまった経営者の方もいらっしゃるかもしれません。
特にエステ・ネイルサロンの場合、一定の期間にわたって高額なサービスを提供する店舗とみなされることもあります。このようなサービス業態は「特定継続的役務提供」と呼ばれ、加盟店審査が通らないケースも珍しくありません。というのも、サロン業務はクーリングオフ(契約後のキャンセル)や中途解約のリスクが高い業種とみなされ、敬遠される傾向にあるためです。

クレジットカード決済を導入する方法

クレジットカードを差し出す
個人経営のエステ・ネイルサロンがクレジットカード決済を導入する方法として、最近では「決済代行会社」の利用が一般的です。ここでは、エステ・ネイルサロンでのクレジットカード決済導入におすすめの、「決済代行」を利用する方法についてご紹介します。

決済代行の仕組みは?

先に述べたように、エステ・ネイルサロンがクレジットカード会社の加盟店となることは難しいといわれてきました。そこで、「決済代行」の利用が普及しつつあります。
決済代行とは、クレジット会社との加盟店契約や、決済システムの構築などを代行してくれるサービスのこと。店舗単位で加盟店契約を申し込むより、審査へのハードルを低くできる可能性があります。

決済代行の申込方法

まず、店舗が決済代行会社へ相談します。その後加盟店審査に進み、通過したら加盟店の申し込みをすれば店舗にCAT端末が設置され、その日からクレジットカード決済の利用を開始できるという流れです。

クレジットカード決済代行のメリット

決済端末を持って微笑む女性ネイリスト
以下は、エステ・ネイルサロンでの決済代行利用で得られるメリットについてまとめたものです。双方のメリットを理解した上で、導入を検討しましょう。

お客さま側のメリット

1.支払い方法の選択肢が増える
2.多額の現金を持ち歩かなくて良くなる
3.手持ちのお金を気にせず、その場で追加メニューなどを自由に利用できる
4.クレジットカード会社のポイントやマイルがたまる

サロン側のメリット

1.販売のチャンスを逃さずに済む
2.個人経営でも申し込みできる(別途審査あり)
3.準備がスピーディーで、比較的早期に導入を完了できる
4.回数券やコース料金など、前受け制の料金体系もすすめやすい
5.代行会社が一括で申し込むため複数のクレジットカード会社との契約が不要
6.1つのシステムで複数のカード会社の決済システムに対応可能

おわりに

今回は、エステ・ネイルサロンがクレジットカード決済を導入する際におすすめの「決済代行」を利用する方法や、そのメリットをご紹介しました。
エステ・ネイルサロンはクレジットカード会社加盟が難しいといわれていますが、美容業界で実績のある決済代行会社もあります。決済代行会社をうまく活用し、クレジットカード決済を導入し、確実なビジネスチャンスの拡大につなげましょう。