店舗経営のコツ|売上管理・節税など資金管理方法をまとめて解説

店舗の順調な経営には、売上管理や節税など管理方法に工夫が必要です。資金をきちんと管理し、無駄をできるだけなくすためにはどのような取り組みが大切なのでしょうか。今回は、売上管理や節税など資金面を中心に店舗経営のコツをご紹介します。

店舗経営についてもっと知りたい!

店舗の資金管理方法

資金を確実に管理していくには、事業資金のフローを明確にすることが大切です。数字は得意でないという方も多いかもしれませんが、以下の3つはきちんと実行しておくと良いでしょう。

  • 事業専用の口座を運用する
  • 事業専用のクレジットカードを作る
  • 会計ソフトを利用し、資金の流れを把握する

事業資金のフローを明確にしておくと、以下のメリットを得られます。

  • 事業資金の収支が明確になる 利益や損失の状況が、リアルタイムで把握できます。
  • 金融機関への説明がしやすい 融資を受けるには、経営状況を数字で説明できることが何より必要です。

これらの点を踏まえ、売上管理の方法や節税のポイントについてご紹介します。

店舗経営のコツ:売上管理編

売上管理とは?

店舗を安全に経営するには、売上を増やして経費を抑えることが大前提といえます。そのためには、日々の売上管理をしっかり行うことが重要です。

売上管理のコツ

目標(売上を増やして経費を下げる)を実現するためにどのようなことができるか、原価、人件費、客単価の3つの面から簡単にご紹介します。

原価を抑えるには?

飲食店の場合は「オーダーミスをなくす」ことや、美容サロンの場合は「丁寧に施術し、ふき取り用の紙タオルなどを無駄に使わない」ことなどです。日々の取り組みのなかで、店内で発生する「無駄」を省くことが大切です。

人件費を抑えるには?

従業員のシフト管理を行い、業務が適正な人数でしっかり回るよう常に配慮しましょう。

客単価を上げるには?

売れ筋商品の隣に季節商品を並べるなどし、お客さまが「ついで買い」をしたくなるような店内陳列を心がけましょう。

店舗経営のコツ:節税のヒント

節税とは?

未払金、未払い費用を今期の費用として計上する

決算の際、今期に発生して支払いが来期になる費用を今期分の費用として計上することができます。人件費(給与)や広告宣伝費、リース料、保険料などの費用が対象ですが、最も効果的なのは人件費でしょう。

決算の前に消耗品を買っておく

必ず使用する消耗品を決算前にまとめ買いしておけば、今期中に経費として計上できるため税負担の低減ができます。 この他にも節税の方法は意外にたくさんあります。

  • 設備など固定資産の除却・廃棄で、簿価を固定資産除却損として経費で落とす
  • 小規模企業共済、経営セーフティ共済への加入
  • 青色申告税額控除 など

ただし、節税対策に懸命になるあまり本業が疎かになることは避けたいものです。あくまで事業の収益増を最優先とし、節税のために本業に支障をきたす事態は招かないよう気をつけましょう。

店舗経営のコツ:節税のヒントおわりに

今回は、店舗経営に欠かせない売上管理や節税など、資金管理方法のコツをご紹介しました。 売上を伸ばすことも大切ですが、適切な資金管理がなければ無駄が多くなり、店舗経営にも支障が出てしまいます。日頃から売上管理と節税を意識し、収益アップにつなげられるよう習慣づけしましょう。

関連記事