飲食店|経理の基本は「会計処理・帳簿」にあり!開業時から注意したいこと

笑顔が素敵な店員さんとお客さん

飲食店経営では、経理におけるさまざまな注意点があります。一般商店での経理とは異なる点も多くあるため、開業時から注意しながら帳簿の記入を行う必要があるでしょう。
そこで今回は、飲食店経営における経理の特徴や、帳簿を付ける際の注意点などについてご紹介します。

飲食店の経理の基本

ここでは、飲食店の経理における基本の注意事項についてご紹介します。適正な利益を得て、長期的に安定した経営につなげるため、以下の点に特に留意しましょう。

飲食店の経理は「現金主義」

飲食店の経営は「現金主義」である点をまず押さえましょう。現金主義とは、読んで字の通りで売上も仕入も「現金が入ってきて、現金が出ていく」という考え方です。企業経営においては、有価証券などが入出金の主体となるケースも多いのですが、こと飲食業では「現金の出入り」によって大部分の収益・損益が構成されます。

減価償却費に注意!

一般店舗では設備といえば陳列棚やレジなどがあれば済みますが、飲食店の厨房設備はそれと比較してもかなり高額。店舗を改装したり、厨房設備を入れ替えたりするとなれば、その分高くつくでしょう。
そのため、設備は減価償却されるものであるという点を意識することが大切です。設備にかかる費用を何年かに分割し、毎年少しずつ経費として配分していくことで安定経営に結びつけましょう。

飲食店ならではの、経理における基本的な注意点をご紹介しました。これらは、開業時から特に気をつけておきたいことです。次は、飲食店の会計処理や帳簿の記入において、気をつけたいポイントをご紹介します。

飲食店の会計処理・帳簿のポイント

考え中の飲食店員
店舗を開業したらその日から、取引をその都度帳簿(現金出帳)に付けていかなければなりません。商品が個数などで数えられないものも多い飲食店では、特にマメな記録を取ることがポイントになります。

飲食店でよく使われる勘定科目は?

代表的なものは以下の通りです。

  • 売上…顧客に商品を販売した代金
  • 仕入…材料などの商品を仕入れた代金
  • 水道光熱費…電気代や水道代、冷暖房費など
  • 広告宣伝費…チラシやCMなど有料広告や、対外活動の一部にかかる費用
  • 通信費…電話や郵便など、業務上の連絡にかかる費用
  • 消耗品費…業務に用いる消耗品にかかった費用
  • 従業員の給料
  • など

    これらの中でも、飲食業では特に水道光熱費が多くかかります。さまざまな管理項目がある中、水道光熱費の管理は特に重要になるでしょう。

    開業時から注意したい指標

    パスタと電卓
    ここでは飲食店の経営において、しっかり管理したい重要な指標についてご紹介します。これらも開業の時点から十分に留意し、確実に利益を得られる経営を目指しましょう。

    原価率

    原価率とは、売上に対する原価の割合(原価÷売上高)を指しています。原価率が低ければ、その分利益率は上がり、収益を向上させやすいと考えましょう。飲食業における原価率は、おおむね30%以内が望ましいといわれています。

    FL率

    FL率のFLとは、F=材料原価(Food)と、L=人件費(Labor)を指し、FL率は原価と人件費の合計を売上で割って算出する数字です。一般的にはこの数字が50%程度であれば、経営状況として健全であると考えられています。FとLの内訳ですが、Fが30%、Lが20%以内を目安と考えると良いでしょう。

    FD率

    この場合のFは料理(Food)であり、Dは飲料(Drink)となります。FD率とは、売上高における料理と飲料のそれぞれの比率です。飲食業では、基本的に料理より飲料の方が原価率は低く、利益を出しやすいとされています。
    業態によっても適正なFL率の目安は変わりますが、一般的にレストランのFD率は8:2、カフェやバーの場合は1.5:8.5、居酒屋なら6:4が適したFD率の目安です。

    おわりに

    今回は、飲食店の会計処理や帳簿付けにおいて、開業の時点から気をつけたいポイントについてご紹介しました。
    適正な原価率をはじめ、FL率やFD率など飲食業の経理には業界特有の基準があります。こまめに帳簿の記入を行い、これらの目安を参照しながらしっかり利益を確保できる飲食店経営を目指しましょう。

    飲食店におすすめの決済端末をチェック