EC・ネットショップ開業の流れ

Web経由で商品・サービスなどを販売するネットショップ・ECサイトが普及し、今や誰でも簡単にネットショップ・ECサイトを開業できるようになりました。しかし、いざ開業するとなれば「資金はどれくらいかかるのか」「何か資格が必要なのか」など、悩みどころも多いものです。そこで今回は、ネットショップ・ECサイトの開業準備をする際に知っておきたい、資金や資格、開業の流れについてご紹介します。

EC・ネットショップ開業についてもっと知りたい!

ネットショップ・ECサイト開業に必要な資金

ECサイトやネットショップ開業のために必要なものと言えば、まずはやはり事業のための資金ですね。ここでは、ネットショップ・ECサイト開業に必要な資金の目安についてご紹介します。

資金0円から開業可能

資金0円でもネットショップ・ECサイトを開業することはできます。「自分のイラスト入りグッズを販売したい」「作り貯めてきた手芸作品を副業で売りたい」といった趣味の範囲内であれば、自己資金0円でも十分に開業できるでしょう。 個人が気軽にグッズや作品を販売できる、無料のネットショップサービスが多く用意されていますので、それらを利用すれば自宅にいながらにして0円からネットショップを始めることが可能です。
また、無地のTシャツなどにイラストを入れて販売する場合には、図柄のデザインデータさえあれば顧客の注文後に商品の生産(プリント)・配送を代行してくれるサービスもあります。

本格的なショップ運営なら年間20,000円~

本格的にネットショップ・ECサイトを経営するのなら、無料のネットショップサービスではなく、より便利な機能が付加された有料サービスの利用をおすすめします。年間20,000円ほどの資金で、本格的なネットショップ・ECサイトを運営できます。ただし商品や材料の仕入れが必要な場合には、もちろんそれらの費用がプラスで必要になります。

ご自宅で運営できるレベルの小~中規模のショップなら、年間20,000円ほどで経営できます。それ以上の規模のネットショップ・ECサイトの場合は、利用するネットショップサービスや取り扱う商品によって変化するでしょう。

ネットショップ・ECサイト開業に必要な資格

ショップを開業するにあたって、必要な資格は特にありませんが、取り扱う商品によっては法令に基づき許可を得る必要があります。それらは次の項目で、くわしくご説明します。

ネットショップ・ECサイト開業の流れ

さて、ここからはいよいよショップ開業の流れをご紹介します。ただしあくまで例ですから、この通りでなくても大丈夫です。

1.ショップのコンセプトを決める

「商品」「顧客のターゲット層」「サイトのイメージ」など、ネットショップ・ECサイトの基本的なコンセプトをあらかじめ決定しておきましょう。

2.開業場所を決める

  • 自分でサイトを1から作る
  • モール型ネットショップ(総合ショッピングモール)に出店する
  • 個人単位で始められるネットショップサービスを利用する

新規でネットショップを開業する場合、主に上記3つの方法があります。開業する場所に合わせて、サイトを構築しましょう。

3.開業届

事業開始から1か月以内に、最寄りの税務署に開業届を出しましょう。開業届を出していれば事業用口座が作りやすく、毎年確定申告の際に有利になる「青色申告」を選択できるなどのメリットもあります。

4.各種届出

ショップで取り扱う商品によっては、関係機関への届出が必要なケースがあります。

食品衛生法に基づく営業許可証

食品を販売する場合は、保健所の許可が必要です。商品によって要件が異なりますので、各自治体のWebサイトや最寄りの保健所に確認すると安心です。

古物商の営業許可

事業として買取販売を行うなら、警察署で古物商の営業許可を受ける必要があります。

酒類販売業の営業許可

お酒を取り扱う場合は、税務署で酒類販売の営業許可を受けなければなりません。

5.決済方法(システム)を用意する

販売機会を逃さないためにも、なるべく多くの決済方法(支払手段)を用意しておきましょう。商品代金の振込先口座を設け、クレジットカード会社に加盟するなど、顧客が支払いやすい決済システムを整えておかないと、「クレジットカードが使えないなら購入しない」など、顧客を逃すことになりかねません。

6.配送・梱包グッズを用意する

自分で商品を発送する場合、包装・梱包用品の準備が必要です。

おわりに

今回は、ネットショップ・ECサイトの開業準備をする方のために、必要な資金や資格、開業の流れをご紹介しました。
無料のネットショップサービスもあり、副業や趣味の延長でも気軽にネットショップ・ECサイトを始められます。まず最小限の規模で開業し、ショップ経営が軌道に乗ったら、徐々に規模を見直すなど考えると良いでしょう。

関連記事