整体院・整骨院|開業資金はいくら必要?準備前に相場や内訳をチェック!

両手を出す人

整体院や整骨院の開業を考えている方なら、開業資金をどう調達するかについても検討中ではないでしょうか。そこで今回は、整体院や整骨院の開業資金がいくら必要か、費用の目安についてご紹介します。営業形態でかかる費用は異なるため、業態ごとの相場・内訳についても押さえておきましょう。

整体院開業に必要な資金(相場・内訳)

書類片手に計算中の女性
ここでは、整体院を開業する場合にどの程度の資金が必要か、以下が目安になります。

必要な資金の相場

自宅を整体院として利用し、開業する場合の資金の目安は「20万~50万円程度」と考えておくと良いでしょう。もちろん場所を借りて開業する場合は別途入居費用や家賃などもかかります。テナントなどで開業する場合の費用の目安は、「100万円程度」です。

開業資金の内訳

どこで開業するかによって、必要な資金の額は大きく変わります。自宅の一室で開業することを考えているなら、テナント料や入居費用、保証料などが不要となるため、看板の費用と、ベッドや枕、リネン類や書類・印鑑など最小限の備品で用意すれば開業は可能です。
しかし、実際には自宅の一室そのままの状態で満足いくサービスをすることは難しいでしょう。広告を出す費用や、院内で居心地よく過ごしてもらうための設備などの費用はある程度見積もっておくことをおすすめします。
これらを加味し、最低限かかる費用の目安が先に述べた「20万~50万円程度」であると考えると良いでしょう。

整骨院開業に必要な資金(相場・内訳)

整骨院で施術中
ここでは、整骨院の開業に必要となる資金の目安についてご紹介します。整体院と整骨院は名称こそよく似ていますが、実はかなり性質が異なる業態です。したがって、開業にかかる費用も大きく変わってきます。

必要な資金の相場

整骨院を開業するには、相場でいうと「600~1,000万円」程度の費用が必要といわれています。この相場そのものも下限と上限でずいぶん開きがありますが、これは整骨院の場合も場所を借りて開業するケースと、自宅兼整骨院として開業するケースがあるためです。

開業資金の内訳

整骨院の開業でもっとも費用が大きな割合を占めるものが「場所代(土地や建物・テナントの費用)」と、院内に必要となる医療機器などの「設備費用」。火災保険や来院者用の駐車場などの費用も固定費としてかかりますし、その他にも内装を改修する費用が必要です。
整骨院では大がかりな医療機器が必須となるため、設備費用がどうしても大きくなってしまいます。特に低周波治療器やウォーターベッドなどは非常に高価なため、設備投資だけで300~500万円ほどかかるでしょう。

開業資金を節約するコツ

整体院でも整骨院でも、「開業資金をなるべく節約したい」と多くの方が考えるでしょう。ここでは、整体院・整骨院の開業費用を抑えるコツをご紹介します。

自宅を利用して開業

各項目でご紹介していますが、自宅で開業すればかなり初期投資を抑えることが可能です。しかし、自宅は人通りが多く目に付く場所ではない可能性もあります。自宅を院にする場合は、広告などのPRに多めの費用を割くことも検討しましょう。

レンタルスペースの利用

軌道に乗るまでは、レンタルスペースなどで営業することも1つの手です。院向けのサロン風設備が整ったスペースもあるため、探してみると良いでしょう。

SNSなどの活用

広告に頼らず、WebサイトやSNSで積極的に告知をすることで、費用を抑えながら広告宣伝活動が可能です。

開業資金が不足している場合は?

開業資金が足りない場合には、公的融資制度の利用を検討するという手もあります。日本政策金融公庫で開業資金の融資を受ける方が多くいますが、申請には事業計画書の提出などが必要なため、融資を受ける場合は余裕をもって準備を始めておきましょう。

おわりに

今回は、整体院や整骨院の開業を目指している方のために、それぞれの開業資金の目安についてご紹介しました。
どのような形で開業するかによって必要資金も大きく異なるため、まずは業務形態と求める設備を考えてみて、かかる費用を算出してみましょう。
その上で、見合った資金調達の方法を考えてみてください。

整体院・整骨院におすすめの決済端末をチェック