店長さん注目!【業界別】店舗スタッフ教育・育成方法のヒント

笑顔な男性

店舗スタッフの教育・育成に関する悩みを抱えている店長さんも多いことでしょう。どう教育するとスタッフと店舗の成長につながるのか、普段から指導していることは果たして理解してもらえているのかなど、疑問や困りごとは尽きないものです。
そこで今回は、店舗スタッフの教育・育成方法のヒントや実際の教育方法を業界別にご紹介します。

店舗スタッフ教育・育成方法のヒント

まず、店員の教育には店員の理解を促すことが不可欠です。どのように教えればスピーディに理解し、店頭業務に落とし込めるのか、ここではそのヒントをご紹介します。

スーパーの店員と男性
まず、店員の教育には店員の理解を促すことが不可欠です。どのように教えればスピーディに理解し、店頭業務に落とし込めるのか、ここではそのヒントをご紹介します。

1. 基準を統一し、分かりやすいマニュアルを用意する

まずは店舗の規則や基準を統一し、分かりやすい文章やイラストや写真を載せたマニュアルを作成しましょう。スタッフを指導する場面では、マニュアルを見せながら口頭での説明も並行して行うことで、理解を得やすくすることができるでしょう。
マニュアルがあることで、スタッフ自身で復習しやすくなります。

2.スタッフの意見や相談をしっかり聞く

スタッフの質問や疑問に、しっかり耳を傾けましょう。こちらの言い分は一方的に主張して、スタッフの意見を聞かないという態度では、スタッフの定着率も向上しません。

3.新しいことは1つずつ始める

何か新しい取り組みにチャレンジするなら、1つずつ始めましょう。欲張らずに1つずつ確実にこなすことで、スタッフが混乱することもなく、統率を取りやすくなります。

ここまでは、業界を問わず取り組めるヒントをご紹介しました。次は、各業界別に店舗スタッフ教育・育成方法のヒントをご紹介します。

業界別!店舗スタッフ教育・育成方法

注文をとる女性

飲食店

飲食店のスタッフがまず身につけることと言えば、メニューに載っている料理や飲み物をきちんと覚えることです。お客さまからメニューに関する質問があった場合、間違えたことを伝えればクレームになる可能性もあります。
店舗をうまく回し、評判を下げないためにも、スタッフにはまずメニューやシステムを把握してもらうようにしてください。

アパレル

アパレル販売員は、お客さまに「似合う服」「気に入ってくれる服」を提案できるかが重要です。そのためには、商品に関する知識をしっかり身につけさせましょう。素材や季節感などが頭に入っていれば、お客さまへ商品をおすすめしやすくなります。

美容室

希望の髪型や長さなどに関してきちんとカウンセリングでき、お客さまのニーズを正しく把握できることが大切。髪型は1度変えたら直しにくいものですから、満足度が高い状態でお帰っていただけるようにしましょう。

雑貨店

雑貨店の店員は商品についてよく知っているだけでなく、季節や時代のトレンドに敏感であることが大切です。ディスプレイ1つにも季節感や流行を活かし、目に留まる店舗設営ができることも重要。笑顔で接客することはもちろんのこと、トレンドに関する知識・情報も伝えてあげると良いでしょう。

整骨院・整体院

手技系の治療・療術院では、スタッフのモチベーション向上が成長への大きなポイント。そのためには、院の経営状況などを隠さず知ってもらうことも大切です。スタッフ1人1人が持っている夢を、ここでの仕事を通じて実現できると信じて業務に取り組めるよう後押しをしましょう。

学習塾

塾のスタッフは、勉強そのものを教えること以上に生徒たちとのコミュニケーションで悩みを抱えがちなもの。先輩や上司がこれまでの経験を踏まえ、どんどん相談を受けて積極的にアドバイスをしましょう。
講師以外の一般スタッフも、意外に生徒とのコミュニケーションの機会が多いため、たびたび相談に乗る機会を設けるようにすると良いでしょう。

おわりに

今回は、店舗スタッフの教育や指導に関するヒントや、店舗業態別のスタッフ教育のポイントについてご紹介しました。
スタッフには単に仕事を覚えてもらうだけではなく、長期にわたって働き続けてもらえるような教育を行わなければなりません。店長も店員もお客さま目線で動け、目標を意識しながらそれを達成するために協力し合えるような店舗づくりを心がけていきましょう。